トヨタの次世代エコカー

トヨタの次世代エコカー

トヨタは次世代エコカーとしてプリウスを更に進化させたプラグインハイブリッドカーを開発しています。地球との調和を考慮したトヨタの次世代エコカーの展望とは

スポンサードリンク

トヨタのエコカーの取り組み

トヨタの次世代エコカー

トヨタは次世代エコカーを開発するために色々なことを考えています。これからも持続可能は車に乗るという社会であり続けるために、エコについても考えなければいけない時代になっています。 地球のことと車のことなどを考えた時にどのような車を開発するのがいいのか、トヨタは次世代エコカーに色々な環境問題を考えて作っています。


プリウスの進化系

トヨタと言えばハイブリッドカーを販売してプリウスが世界的にも先駆けてエコを考えた車として人気を集めていましたが、ハイブリッドでエコを考えながらしかし利便性は今までの車と同じでないとこれからの車はダメだということです。プリウスも十分エコカーとして人気を博しましたが、これからはさらに進化した次世代エコカーをトヨタは開発していかないといけないということで、プラグインハイブリッドカーという車を開発しました。
従来のハイブリッドの車と何が違っているのかというと、家庭用電源から車の充電が出来るということです。
家庭用電源から車の充電が出来ればかなり燃料を抑えることができますから、次世代エコカーとしては焼くトヨタが本格的に開発してくれれば経済的にも地球環境的にもかなり嬉しいですよね。

トヨタのプラグインハイブリッドカー

次世代エコカーとして研究が進んでいるトヨタのプラグインハイブリッドカー、深夜電力で家庭用電源から充電した場合には、今販売されているトヨタのプリウスに比べると4割以上も燃料代は安くなるといわれています。そんな素敵な車が本当に販売されるようになればいいですよね。
プラグインハイブリッドカーなら、家庭用コンセントから充電できるという利便性と、深夜の使わない、寝ている間に充電していれば電気代も安いし充電にかかる時間も苦にならないという一石二鳥ですからこれからかなり重宝するのではないでしょうか。

スポンサードリンク


次世代エコカーの見通し

トヨタが開発している次世代エコカーでプラグインハイブリッドカーのメリットはやはり電気自動車のいいところと、ハイブリッドカーのどちらのいいところもとっているということだと思います。電気だけでは継続して走り続けることはできませんし、少し不安な面もありますが、ガソリンのハイブリッド走行もできるということで、近場の買い物は電気、遠距離のドライブでもエコに走行可能ということが一番のメリットではないでしょうか。

さらにトヨタはFCVカーを実現させています。FCVとは水素のことですが、この水素を使ったFCVカーは二酸化炭素を排出しません。排出するのは水だけです。
これが究極の次世代のエコカーとなり、2020年までにインフラを整えて行く方針を政府は打ち出しています。

まだ次世代エコカーの開発はどんどんトヨタで進んでいます。
まだまだ販売できる段階ではありませんから自社開発として電池の開発にも取り組んでいくということでもう少し時間がかかるのではないでしょうか。

スポンサードリンク