循環型社会の3R

循環型社会の3R

循環型社会の基盤といえば3Rです。

循環型社会の3Rとはリユース、リデュース、リサイクルの頭文字をとって3R(トリプルアール)といいます。

スポンサードリンク

同じものを同じ形で使いまわすリユース。資源の無駄を省くリデュース、不要なものを違う形で再利用するリサイクル。これが循環型社会の基盤です。

環境問題が深刻化する地球では3Rの取り組みが国単位で行わなければなりません。

リユース、リデュース、リサイクルの3Rを考えればこれ以上資源を使わなくても物は作れるし、使えるし地球環境にやさしいのがわかります。

循環型社会は3Rを個人、ひとりひとりが意識して取り組むことで国家レベルになり、世界が一丸となって初めて実現します。

考えましょう。私達の地球の未来。

リユースとは リユースとは再利用という意味です。ビールの空き瓶の回収はもちろん、フリーマーケットなど同じ形でもう一度使うことがリユースです。
リデューストは 廃タイヤの無料回収の条件についてまとめてみました。廃タイヤや中古タイヤを引き取り業者に無料で回収して貰える条件と買取してもらえる最新情報をご紹介。
リサイクルとは 古紙やダンボールの相場に左右される引取り料、無料で引き取ってもらうコツなどダンボールリサイクルで環境に貢献。