太陽光発電の助成金

太陽光発電の助成金

太陽光発電の助成金とはソーラーパネルを住宅の屋根に設置する場合、発電量に応じて助成金が貰えます。クリーンなエネルギーを太陽光発電で作って助成金をもらってエコライフを。

 

 

スポンサードリンク

 

太陽光発電の助成金額について

太陽光発電の補助金

太陽光発電を家庭に設置する場合には助成金がもらえるということをご存知でしょうか?国が助成金を出してくれますから太陽光発電を設置したいと考えている人は負担が軽くなります。

 

太陽光発電の助成金というのはもともとは2004年に、1キロワット当たり4万5千円、そして2005年には1キロワット当たり、2万円という助成金が下りていました。
そして2005年でいったん国の太陽光発電の助成金制度というのは終了してしまっていたのですが、また今再開されています。

 

現在新たに再開された後の太陽光発電の助成金というのは1キロワット当たりが7万円という価格になっています。
太陽光発電をこれから購入しようと思っている人にとってはかなり負担がかる高なることになります。
1キロワットで7万円ということは3.5キロワットになれば24万円、4キロワットになれば28万円の助成金が下りるということになります。

 

太陽光発電で元はとれるか?

この金額はだいたい太陽光発電をつけるにあたっての費用の10%にあたっていますから、簡単に言ってしまえば太陽光発電を設置する費用が10%割引きになるということになります。
太陽光発電というのは、出力1キロワット当たりにつき1年間で1000キロワットの電力を発電することが可能です。

 

普通の家庭の1年間の消費電力がだいたい3600キロワットとなっていますから、そのことから考えると設置する際に、3キロワットから4キロワットの太陽光発電を導入すれば電気代は実質無料という計算になります。

 

太陽光発電を導入するにあたってはかなり初期費用がかかってしまうのですが、太陽光発電の初期費用をかけてでも最初に設置しておけば、それ以後は電気代が無料ですから、数年すれば元が取れるのではないでしょうか。

 

一般の家庭では年間9万円ほどの電気代がかかっています。

 

4キロワットの太陽光発電を設置した場合の費用が200万円位かかったとするとだいたい22年もすれば元がとれるようになりますし、工事費用やメンテナンスの費用を入れても25年もすれば元がとれるようになるのではないでしょうか。

 

自治体の助成金

太陽光発電の助成金は国だけでなく各自治体でも助成金制度があります。

 

どこの自治体にもあるというわけではないのですが、埼玉県川越市、千葉県千葉市をはじめとする現在8都道府県の自治体で助成金制度はあります。

 

それぞれ上限なども決まっていますし条件もありますが、国の助成金以外にも市町村の助成金もあるのでそちらも合わせて確認してみるといいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

太陽光発電の注意点

太陽光発電の注意点といえばなんと言っても地域差の天候です。晴天率が高い地域では計算以上の回収率を期待できますが、天候が悪い地域、例えば山奥や東北、北海道では冬の間は雪が降ったりするので発電率は低下します。

 

設置した費用を回収できるのに20年かかる地域と10年で回収できる地域があるので業者さんとよく相談することが大事です。

 

ソーラーパネルも日々進化していますので時間がたてば東北や北海道でもちゃんと回収できるようになるかもしれませんね。

 

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット太陽光発電のメリットはいくつかあります。まずは設置する場所が多くあることです。住宅の屋根はもっとも優れた設置場所といえます。

 

そして半永久的なエネルギーです。太陽光ですので太陽がある限り発電できるわけです。太陽の寿命は100億年と言われますので、まずなくなることはないと考えても良いわけです。

 

また最近地震などの天災がありますが太陽光発電であれば非常用電源になります。いざという時にとても役に立ちます。

 

デメリットといえば設置費用がかかるということ。後は発電量が完全に天気に依存されるということですね。

 

スポンサードリンク