産業廃棄物の有価物

産業廃棄物の有価物

産業廃棄物でお金になるものを有価物といいます。金属、紙、プラスチックなど殆どの廃材が有価物になります。不要な産業廃棄物というゴミを有価物というお金に変えて環境にやさしく、収入を増やしましょう。

スポンサードリンク

ゴミを金に変える

ゴミ有価物

産業廃棄物で価値があるものを有価物と呼んでいます。 産業廃棄物と言えばそもそも価値がないもののことを言いますが価値があるものは有価物として引き取ってもらえたり買取ってもらえるということです。

産業廃棄物なのに買い取りが可能なもの、それが有価物です。ほとんとの産業廃棄物というのは廃棄処分をするためには多額の費用がかかってしまいます。
ですが、自分が持っている産業廃棄物が有価物であるとすれば買い取ってもらうことができる、つまり売ることが可能だということです。

どういうものが有価物か
例えば産業廃棄物の有価物になるのはどんなものがあるのかというと、木材や金属、紙やプラスティックなどになります。
工事現場や製造工場などから出されるものが多いのですが、この場合のメリットは売る側にとっても買取る側にとってもどちらもメリットが高いとされています。

しかし産業廃棄物を有価物として認めるためには、何でも認めるということはできませんから、産業廃棄物を有価物として買取る場合には条件が必要です。

産業廃棄物の有価物として認められる条件というのは、素人ではなかなかわかりにくいと思うのですが、取り扱い業者などではすぐに見分けをして、少しの産業廃棄物でも有価物の条件をクリアすれば買い取ってくれます。

また産業廃棄物にも相場があります。
鉄や金、銀、銅、アルミなどの鉄鋼類はもちろんプラスチックにも相場があります。
鉄鋼類は相場が下がっても買取してもらえることは多いですが、プラスチックですと材料費が下がると相場も下がり有価物として引き取ってもらえなくなります。

買取してもらう場合、最低限の分別をしなければなりません。分別の方法等は依頼する回収業者と相談すると良いでしょう。
気をつけることいえば引き取り運搬料などです。有価物なのに運搬料でマイナスでは意味がありません。ある程度量を貯めて依頼することを心がけましょう。

有価物はエコを促進させる

ゴミ有価物

産業廃棄物の有価物のメリットとしては産業廃棄物として本来なら捨てるであろうゴミの中から使える資源を買い取ってもらえるということではないでしょうか。そして捨てるゴミを減らせるということは地球環境にも優しいですしエコにつながります。
産業廃棄物を所湯していて処分したいと思っている人がいる場合には、買い取ってもらえる会社に連絡をして処分をしてもらうといいと思います。

有価物であればすぐに買い取ってもらえますし、場合によっては条件がクリアできない産業廃棄物もあるかもしれませんがその場合には適切な処理の方法などを指示してくれる業者もいると思います。

業者は有価物として回収した、買い取った後はリサイクルをしています。

従来は廃棄物と言えば埋め立てて処分してしまったり、焼却して処分することが一般的でしたが、有価資源を買い取ることで埋め立てする量も減りますし、焼却する量も減るので地球環境を守ることにもつながりますし、リサイクルにもつながります。

企業にとってもゴミがお金になり、しかも環境にやさしいエコ活動になりますので一石二鳥ですね。

最近ではゼロエミッション活動というゴミゼロ活動ということを意識して取り組んでいる企業もあり、分別して有価物として買取してもらうことが一般的になってきました。

スポンサードリンク



有価物の買取について

●有価物の五大資源
産有価物として産業廃棄物を買取してもらう場合には具体的にはどのようなものが対象になるのでしょうか。たとえば大小となっているのは5大資源といわれているものになるのですがその一つ目は木です。
産業廃棄物は有価物として買い取りしてもらえる可能性が高いです。たとえば紙はもちろんのこと、不純物がついていないと確認できた木材なども場合によっては有価物として買い取ってもらえます。
たとえば住宅のプレカット工場では端材が出ますが、これは産業廃棄物の有価物として買取してもらえます。

そして紙の廃棄物としては紙工場や新聞の印刷、出版社などの印刷などを加工するときに発生する紙、ダンボールや事務に利用されていた古紙なども有価物とされています。
裁断くずが出たり、コピー用紙、段ボールなどはまさに産業廃棄物の有価物として買取の対象となっています。

金属の廃棄物も有価物として買取してもらえます。建物を新築、改築したときなどに出る金属製の廃棄金属などは対象になっているのですが、空きかんも含め、バリや鉄くず、ブリキなども買取してもらえます。

電子機器を製造している半田カスも有価物ですし、不良になったプリント基板も有価物になります。基板の場合、基板に含まれている銅や金、実装されている電子部品含まれている金属を化学的に再出します。不良基板を300キロ以上集めれば相場によりますが結構な買取価格になるでしょう。

繊維も産業廃棄物に入ります。繊維工場などでは天然の繊維のくずが出ると思いますがこちらも有価物の買い取り対象です。

最後に5大有価物のプラスチックです。プラスチックを製造している工場などで生計不良になったものなどが対象になっています。
プラスチックの場合には少し条件が厳しい場合もあります。ここまで産業廃棄物の有価物の対象になるものを紹介していきましたが、では有価物として取り扱ってもらえないものとしての条件はどうなっているのでしょうか。
買取の対象になっていない条件としては、不純物であること。何かほかの成分が混ざっているような場合には買取不可となっています。

不純物が混じっている時には有価物ではなくて産業廃棄物ということになりますから、こちらの場合には買取ではなくてお金を支払って引き取ってもらう、または無料回収という形になります。

このように産業廃棄物の有価物として買取してもらえるものには一定の条件があり、木材、紙、繊維、プラスチック、金属のこの5つがおもな産業廃棄物の有価物の対象になっているといわれています。

スポンサードリンク