リデュースとは

リデュースとは

リデュースとは環境用語として無駄や資源の抑制ということで簡単に言うと大事にモノや資源を使いましょうという意味です。

リデュースとは

リデュースとは、英語を日本語にすると減らすという意味があります。
最近はエコや環境のことを考えた用語としてつかわれていますが、その場合のリデュースというのは、無駄を省くとか、消費者生産を抑えていくというような意味でつかわれています。

スポンサードリンク

たとえばリデュースが昔から行われていることとしてはトイレの流す際に使うレバーは、大小に分けられているのですがこれは小を使うことで水の無駄遣いをしないために昔から区分されていることになります。

そしてリデュースとは物などの寿命を延ばすことなどについても使われる言葉です。

最近はリサイクルやリユースという言葉などと一緒にしてリデュースは3Rの一つとして知られています。
作っている人から見て抑えた時にはリデュースを進めるということは消費を減らすことになるので産業や経済などが活性化されないという考えもありますし、逆にリデュースすることでコストを削減できるというような見方もありますから二通りの見方で利用されています。

●生産現場のリデュース

最近よく利用されているリデュースの方法としてはペットボトルの形が昔は真四角だったのに対して今は丸い形になっていることが多いのですが、こちらは薄くて形を変えるだけでコストや資源を削減することになっているといわれています。

そしてリデユースは、ビール会社でも行われていて、昔のビールの缶よりも今のビールの缶の方が小さくなっています。こちらも環境問題に取り組んでいるとして間の大きさを小さくしています。

リデュースというのは作るときのコストを削減することもできるのですが、それだでけでなく、作るときのエネルギーも運ぶときのエネルギーを減らすこともできますし、二通りのメリットがあるのです。

今リサイクル、リユース、そしてリデュースということばがありますが今エコを考えて環境を優先させることを考えたら一番に私たちが行わなければいけないのはリデュースといわれています。

スポンサードリンク


●大事なリデュース意識

リユースやリサイクルにはいつか終わりがありますし、限界もあるといわれていますから、まず作る段階からリユースやリサイクルできるようなものを作る、リデュースするということを考えて製造することが一番の環境問題への取組になると思います。

3Rと呼ばれているリユース、リサイクル、そしてリデュースを進めていくことが、企業や製造する側の今の最大の課題になりつつありますがこれからもリデュースは進められていくと思いますし環境やエコについてもっと考えていけるのではないでしょうか。