リサイクルとは

リサイクルとは

リサイクルとはマテリアルリサイクルとサーマルリサイクルがあります。リサイクルについて真剣に取り組み環境にやさしい生活を


リサイクルとは

リサイクルとは再循環のことを意味しているのですが作ったものを再資源にすること、そして新しい製品を作ることをいいます。

最近は同じ種類の製品にリサイクルできないタイプの再生の方法や、電化製品のリサイクルとか、洋服のリサイクルといったように中古で販売していることをリサイクルとも言います。

リサイクルはほかのリデュース、リユースと一緒に3Rという名前で呼ばれています。最近はリフェーズも加わって4Rと呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

リサイクルは二つに分けることができるのですが、マテリアルリサイクルと呼ばれている素材そのものの再利用ということと、サーマルリサイクルという熱としてまた再利用するという二つに分けられています。

今のリサイクルは、世間的、経済的な目的を果たすための商標として付けられている目的が多いのですが、実際にはリサイクルをすることによって販売している側は赤字になることもよくありますし、世間的にもそれほどリサイクルの認識が浸透しているともいえない状況です。

そしてリサイクルすることはエコにつながりそれは環境にいいというイメージを持っている人もいると思いますが実際にはすべてのリサイクルがエコにつながるとは限らないといわれています。

スポンサードリンク



身近なリサイクル

リサイクルとは

今私たちの身近なリサイクルとしてはペットボトルや缶が一番身近ではないでしょうか。
確かにぺットボトルはリサイクルしているとは言っていますが再循環しているのは1%で、それ以外はほかの原料になるといわれています。

他にも古紙などもリサイクルされていますが、こちらはトイレットペーパーになったり再生紙としてつかわれています。

リサイクルは一人一人が気をつけて実施していかなければ決してできませんから、リサイクルをこれからもっと推進していこうと思っているのであれば、それなりの意識が一人一人に必要になってきます。

個人情報のためからシュレッダーで紙を処理していますがシュレッダーにかけるとリサイクルできないということを知っている人は少ないのが現状です。

スポンサードリンク