温暖化の解決策

温暖化の解決策

温暖化の解決策はエコカーや高層ビル、温度管理など身の回りを見直すことで改善されます。国単位で取り組む温暖化の解決策。

スポンサードリンク

温暖化解決策 その1エコカー

地球温暖化の解決策

温暖化解決策というのは色々おたりますが実は世界的な規模で見て地球温暖化解決策というのはかなり難しいといわれています。

たとえばエコを世界で色々と取り組んではいるものの、実際にエコが出来ているのかといえばそうではありません。
自動車メーカー各社もエコカーの開発に取り組んでおりますが、世界的に普及するのにはかなりの時間がこれからもかかるのではないでしょうか。

温暖化解決の一つの方法としてやはりエコな自動車を考えなければなりません。世界中で走っている自動車の数を考えれば全てエコカーに変えればかなり温暖化の解決策としては有効です。
エコカーは低燃費を主としたハイブリッドエコカーと通称EVといわれる電気自動車が思い浮かびますが、技術革新が目覚しい自動車業界ですので今後はEVが主流になると思われます。そのためには燃料補給のインフラを整えることが必要になります。電気自動車にしても充電できなければ遠出ができないですかね。

また最近注目されているのは水素です。 その水素を利用した水素自動車、通称FCVもまた温暖化解決策の切り札とも言えます。
水素自動車のすごいところは走行で排出する二酸化炭素が「0」ということで日本政府も後押ししてインフラ整備を始めています。

温暖化解決策 その2電気、水の節約の取り組み

個人レベルの温暖化解決策として今私たち一人一人が出来ることとしては夏はエアコンの温度を一度上げる、そして冬は暖房の温度を一度下げる、それだけで温暖化解決先につながっているとも言われているのですがはたしてどれだけの人が実践しているのでしょうか。

身近なことから出来る温暖化解決策としては節水をして何でも資源の節約をすることだと思います。
水はもちろんのこと電気の節約も大切な温暖化解決策の一つです。そしてもっと小さなことで言えば、コンセントは毎回抜くようにして、冷蔵庫のドアなどの開け閉めも早くするなどの小さな心構えも温暖化解決策につながると思います。

スポンサードリンク



温暖化解決策は国家で取り組む必要がある

家庭規模で地球温暖化解決策はこのように資源の節約をするということが前提になってきますが一人一人が心がけていてもそれは難しいと思います。やはり国単位で実施していかなければいけないのではないでしょうか。政府はCOP8というプロジェクトも実施していますがこちらもなかなか思うように進まないといわれています。

温室効果ガスを減らすことについて積極的に行動して温暖化解決策として実施していますが欧米の方が日本以上に積極的に実施しています。政府や国単位での温暖化解決策の実施をさらに行わなければこれから先まだまだ温暖化は進んでしまいます。

国民、世界の人一人一人が資源の節約に車のアイドリング、そしてエアコンなどの温度の設定など様々なことに気を配っていくことが温暖化解決策につながるのではないでしょうか。

スポンサードリンク