温暖化の仕組み

温暖化の仕組み

地球温暖化の仕組み。温室効果ガスと二酸化炭素の関係など温暖化がどのような原因で環境を破壊しているか考えましょう。

スポンサードリンク

温室効果

地球温暖化

温暖化の仕組みについては知っているようで実は知らない人が多いのではないでしょうか。
温暖化というのはどういった仕組みで起きているのか、それは温室効果が引き起こしているといわれていますがそもそもの温室効果自体を知らない人も多いと思います。

私たちが暮らしている場所地球というのは、太陽エネルギーをもらって色々な命を育てています。
地球の上には生命を育てるのに必要な様々なものや環境が整っています。
その一つに大気がありますが、大気は窒素と酸素から出来ているのですが、他のガスも1%ほど含まれていてそれも重要な役割をはたしているのです。
その1%の中に入っているものの一つが温室効果です。

温室効果ガスとは

温室効果が必要なガスというのは水蒸気とか二酸化炭素、メタンといった種類があります。
今紹介した三つの気体が空気の中にあるだけで地球は平均気温がだいたい15度という生き物が生まれて育っていくのにちょうどいい環境に設定されています。
もしも温室効果ガスがなければ地球というのはマイナス18度が平均気温であるといわれているので、温室効果ガスのおかげで私たちは快適な環境の中で暮らしていけているということになります。

地球温暖化の仕組み

ではこのことと温暖化の仕組みがどのような関係があるのでしょうか。人類が進化していくにつれて大量に温室効果ガスを出すようになりました。温室効果ガスの出し過ぎて二酸化炭素の濃度が増えてしまっているのが現状です。
いろいろなガスが温室効果を出しているのですが、二酸化炭素が一番他のガスの中でも含まれる量が多いといわれています。

スポンサードリンク



二酸化炭素が増えたことによって今までのバランスが崩れてきていて温暖化がどんどん進んでいるといわれています。
ですから温暖化の仕組みというのは大気中の二酸化炭素が増えることで温室効果ガスが増えてしまっているので地球の大気がガスに覆われていて、太陽のエネルギーを受けられない状態になっていますし、太陽の熱を逃すことが出来なくなっているのです。
太陽のエネルギーが外に出せないと熱がこもりますから地球の温度が上昇してしまいます。これが地球温暖化の仕組みです。

二酸化炭素の排出量が増えると温室ガス効果がひどくなり、熱が逃げない環境になりどんどん地球の温度が上昇してしまうということになるのです。これによって北極の氷が溶けてしまったり異常気象になったりしてしまいます。

温暖化の原因はこのような仕組みになっていますから二酸化炭素を減らさなくてはいけないのです。

スポンサードリンク