蛍光灯の節電方法 白熱灯との違い

蛍光灯の節電方法 白熱灯との違い

蛍光灯の節電方法、白熱灯との違いなどご紹介。日常生活で照明を見直すことによって家計にも地球にもやさしくなります。蛍光灯の節電方法の基本をご案内します。

スポンサードリンク

蛍光灯の節電方法

蛍光灯と白熱灯の違い

蛍光灯の選び方一つで節電できるということをご存知でしたでしょうか?
普段家の中で使っている照明というのはすべてが蛍光灯だけではないと思います。

たとえば白熱球なども利用している場合があると思います。家の中で電気を使う製品は多いですが、冷蔵庫やエアコンなど色々とある中で電力の消費量が意外にも高いのは照明といわれています。
ですから照明器具を正しく選ぶことや蛍光灯の選び方一つで節電できることになります。

蛍光灯の種類

蛍光灯を選ぶ場合には、いろいろな種類があります。環形もあれば、直管形、そして電球タイプなどもあります。
色も真白なものから暖色がかっているものまでいろいろとありますが節電のために蛍光灯を選ぶのであれば電球の色は白っぽくて陰影がないようなものがいいでしょう。

発熱も少ないので消費電力も自然と抑えることができますので節電につながります。しかも長持ちするというメリットもあります。

蛍光灯の寿命

蛍光灯で節電を考えている場合にはどこで蛍光灯を使うのか、場所を合わせて用途を考えて作るということが大切になってきます。
蛍光灯というのは経済的には長持ちするのですが1度点灯と消灯すると1時間寿命は短くなるといわれています。

電球の形をしている蛍光灯の場合には点灯直後は暗くてだんだんと明るくなります。なので何度も消したりつけたりするような場所で蛍光灯を使う場合には節電にならずに不経済ですからつけるのに向いていないことになります。

電気をつけたり消したりする回数が頻繁な場所には蛍光灯を使わずに白熱灯をつけるようにすると節電になりますし、そして長時間つけっぱなしにすることが多い場所の場合には蛍光灯を利用することで節電することができます。

スポンサードリンク


白熱灯との節電の比較
白熱灯と蛍光灯を節電という観点からどれくらいの違いがあるか比較してみると、1日6時間電気をつけている場合の白熱灯は1日に41円ですが、電球の場合には9円ですからこの差は歴然です。

これが1年になると白熱灯は1年間で15111円になり蛍光灯は3274円ですから1万円以上も節電できるというわけです。

しかし人によっては白熱灯の温かさが気に入っているという人もいると思います。
蛍光灯を使った方が節電になるという場所に白熱灯をつけたいと思っている人の場合には電球の色をしている蛍光灯が販売されています。

電球の色の蛍光灯を使うと色は白熱灯と同じで、そして節電効果がある蛍光灯ですから便利です。
ダウンライトやブランケットだけ白熱灯にして主照明を蛍光灯にするという選び方も節電につながります。

スポンサードリンク