家電リサイクル法の料金

家電リサイクル法の料金

家電リサイクル法の処分料金はご存知ですか?対象の家電を処分する場合、家電リサイクル料金として決まった金額を支払わなければなりません。

スポンサードリンク

家電リサイク法とは

家電リサイクル法

家電リサイクル法と呼ばれる法律が最近できましたが、これは一人一人が料金を支払って使わなくなった家電を新しい資源にしたり製品に生まれ変わる手助けをする法律です。 平成13年から施行されたのですが、家電リサイクル法が出来てからは、洗濯機、冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、テレビを処分する場合には料金が必要になりました。

資源を有効利用するためと、クリーンな環境を保つために、リサイクルをしなければいけない現状にあるのですが、リサイクルをするためにはお金がかかります。

たとえばそれは、集めたものを運んだり、処理する料金が必要なのです。ですから家電リサイクル法によって使った人、買った人、売った人が協力して料金を出し合うという法律が施行されたというわけです。

消費者が負担する家電リサイクル

家電リサイクル法はなぜ必要なのか、捨てるものに対して料金を支払うのは納得がいかないという人も中にはいるかもしれませんが、家庭から出る家電というのは毎年60万トン以上もあるといわれています。
今まではほとんど埋め立てて処理してきたのですが、埋め立てにも限界がありますから、いつまでも埋め立てで処理をし続けることもできません。

ですから使える、これからまた資源としてリサイクルできるものはリサイクルして、廃棄物、つまり埋め立て処理する家電を減らすためにリサイクル法ができ、リサイクルにかかる料金を私たちが負担することになったのです。

家電リサイクル料金

具体的には家電リサイクル法で決められている処理にかかる料金はどれくらいかかるのかというと、エアコンのリサイクル料金は3150円になっています。
そして冷蔵庫は4830円、テレビが2835円、洗濯機が2520円になっています。

スポンサードリンク



これは使った人が料金を支払います。これは収集や運搬、再商品化にかかるお金です。
受け取る人は家電小売店です。
つまり家電を売った人になります。収集や運搬をする人に支払うことになっています。そして最終的には、家電メーカーにリサイクル製品として渡すことになります。

リサイクル率

集められた家電のリサイクル率はエアコンが6割以上のリサイクル率で、テレビは5割以上のリサイクル率、冷蔵庫や冷凍庫は5割以上そして洗濯機も5割以上のリサイクル率となっています。
家電リサイクル法が施行されてからは対象になっている家電を処分するにあたってはリサイクル料金が必要になっていますので、たとえばテレビを購入した後に、テレビを引き取ってもらう場合には家電リサイクル料金を支払って持っていってもらうことになります。
消費者にとっては納得がいかない法律ですがエコは金がかかるということです。

スポンサードリンク