ごみ問題の対策

ごみ問題の対策

ゴミ問題の有効対策とは?増え続けるゴミは日本だけでなく地球規模の大きな環境問題です。効果的な対策をみんなで取り組まないと美しい地球が失われます。ゴミ問題の対策を取り組むのは現在(いま)しかありません。

スポンサードリンク

ゴミ問題の対策

ゴミ問題を何とかしていかなくては将来の日本も地球もゴミによって何らかの影響が出るのではないかと心配されています。ゴミ問題を解決するための対策としてはどうすればいいのでしょうか? 今、問題になっているゴミ問題に対して、できていないことを挙げて行き、そのことについてきちんと解決して対策を練っていくことが必要です。
たとえばゴミ問題としてゴミの分別についての問題がありますが、一般の家庭では最近はきちんと分別が実施されていますが、中小企業などでは分別がまだ不十分な状態です。企業や団体などのごみの方が量は多いのですから、きちんと分別回収をすることでゴミ問題の対策の一つになります。

最近では大手企業が、環境経営を下請企業を指導してきており、徐々にゴミの量も少なくなってきていると感じています。但し、中小企業がゴミ問題や環境経営に取り組むには実質的な問題があります。それはコストです。環境活動はお金がかかります。薄利多売で運営している企業の本音は環境問題より経営するほうで精一杯です。ゴミの分別するのもコストがかかるわけですし、分別するためにゴミスペースも用意しなければなりません。
例えば環境プログラムを取得企業は税制が優遇されるなど環境活動した出費を補填できる政策があれば前向きに取り組めるでしょう。

人の環境配慮

そしてゴミ問題と騒がれているのは一部の人の間だけでまだ、全員の問題意識にはなっていません。もっとゴミ問題について考えられるような制度を取り入れるべきだと言われていますが、たとえば対策としてはリサイクルをポイント制にして、何かりリサイクルしたことに対してメリットが出るようなことを考えるのがいいと言われています。
そうすることでよりゴミ問題に対しての理解が高まると思います。

ゴミ処理の人不足

ゴミ問題ではこれだけのゴミが出ているというのに、処理をする人不足であるといわれています。
高齢化社会ではありますが、元気な人がまだまだ多いですから、定年退職後もまだゴミ問題解決のために働ける場所を設けるなどの対策が必要です。
そしてゴミ問題の原因として豊かさが問われていますが便利で豊かになってくると、すぐに新しいものに目がいき、古いものはまだ使えるのに捨てるというようなことにつながります。
これは一人一人の意識次第でなんとでも対策ができることですから、もっと物を大切にする、食べるものを大切にするという意識を小さい頃から教育していく必要があります。

スポンサードリンク



企業と国の努力がゴミ問題解決の鍵

そして便利と言えばコンビニなどではもっと簡易包装を心がける対策も必要です。エコバックを持って行っているという人も増えていますが、まだまだ100パーセントの実施率ではありません。ですから100%になるくらいにゴミ問題に対して意識を向けるという対策が必要です。
モノ作りする企業は出来るだけリサイクルできる材料を選定し捨ててもゴミにならないように、売るほうは売った後の回収フォローも必要です。

企業努力だけではゴミ対策の抜本解決はできませんので、国家単位での政策が必要です。企業にリサイクル促進しなさいと指導するのは簡単ですが、バックアップが必要です。
リサイクル材料や環境適合用品は大量生産の外国生産物とは違い売り値も高くなってしまいます。

消費者の立場からみるとやはり安いものを購入してしまいますので、その意識改革や先ほど言ったポイント制の導入、減税など環境意欲を刺激する政策を国は施さなければ解決はできないでしょう。


このようにゴミ問題への対策方法は色々とあります。大事なことはゴミを増やさないことです。そして自分でもできるものからやっていくという環境への配慮を身に付けるのが一番だと思います。なかなかすべてをみんなが一度に行うのは難しいと思いますが、一人一人の意識次第では、ゴミ問題の早期解決につながるのではないでしょうか。

スポンサードリンク