ごみ問題の現状

ごみ問題の現状

ゴミ問題の現状についてご説明します。環境問題の課題として大きくクローズアップされているゴミ問題は個人の意識を変えることが大事です。今の現状では今後大変なことになることを意識しましょう。

スポンサードリンク

ゴミ問題の現状

ゴミ問題の現状は今どうなっているのでしょうか。 日本国内で年間に排出されるゴミの量というのは約5億トンと言われています。このゴミを燃やしたり、埋めたり、再利用したりしていますが、ゴミ処理にも様々な問題を抱えています。

ゴミ問題を解決させるためにはどうすればいいのか、それはまずはごみの量を減らすことから始めなければいけません。
現在ゴミの量を減らすために取り組まれていることとして現状は、簡易包装やエコなどを意識して買い物袋を有料化したりしているという取り組みを行っているところはあります。
企業でもゼロエミッションを掲げ、ゴミを排出しない活動が活発となっています。

またゴミ問題の現状としてゴミの量を減らすためにも、販売する段階から可燃ゴミだけで梱包するなどの工夫もされているのが現状です。
自治体では分別なども積極的に行っているところもあり、燃えるゴミとプラスティック、そしてビンや缶ペットボトルなどに分けて分別収集を行っています。
しかしながら分別収集を行っていても、まだ今だに分別せずにゴミに出しているという人はいるので、この現状は何とかしなければせっかく分別をしている一部の人たちのゴミ問題への取組が意味のないものになっていることになります。

ごみを分別をするということはリサイクルにもつながりますし、リユースにもつながります。
ゴミ問題の原因であるゴミを少しでも減らすという考え方をするのであれば、ゴミの分別は今とても大切なことになります。

スポンサードリンク



ゴミ問題の現状として日本は便利になり過ぎたために、物を大事にしないということもあげられます。
昭和や戦後の日本では物不足で下から本当にものを大切に使うという習慣が自然と身についていましたが、今は少しお金を出せば手軽にものがいつでも手に入るという便利さ、豊かさから物を大切にしないという人が増えているのです。それがゴミ問題にも影響を与えているといわれています。

便利で暮らしやすいということはとてもいいことですが、それがゴミ問題につながっていることに気がついていない人が多いのがいまの現状です。

便利だからものを粗末にしてしまう、そのことからゴミが増えてゴミ問題が解決しない、今後将来のゴミ問題については先真っ暗な状態であるということに興味がない人が多いのです。今後の日本や地球のことを考えれば、このゴミ問題は今の現状を見直して、すぐにでも解決しなければ大変なことになりますし、なんとかしなければいけない問題でもあるのに、解決策が見つからない状態です。

スポンサードリンク