エコキュート・エコジョーズの補助金

エコキュート・エコジョーズの補助金

エコジョーズとは環境を配慮したガス給湯器のことでエコキュートは電気、エコジョーズはガスでお湯を作る給湯器のことです。
このエコキュートやエコジョーズをつけるのに補助金がもらえることを知っていますか?
申請手順や注意点など家計にやさしい助成金活用法をご紹介。

スポンサードリンク

エコキュートとは

エコキュートの補助金

エコキュートとは・・・中部電力さんのHPに分かりやすく説明されてますのでこちらへどうぞ→中部電力エコキュート

エコキュートの補助金・助成金額

エコキュートを設置するにあたって国からの助成金があるということをご存知でしょうか?国のエコキュート導入補助金制度というものがあります。
エコキュートを導入する費用の一部が負担されるという制度です。

エコキュートの助成金はこれからエコキュートを家につけようと思っている人を対象にして、購入金額の一部分を国からの助成金を交付できるというもんです。
エコキュートの助成金の募集方向などがありますからそちらをよく見たうえで申請が必要です。一般家庭用の場合には1台につき補助金額は42000円となっています。

補助金の申請手順

エコキュートの助成金を受ける場合の手順を紹介します。
1.まず申し込みをするのですがこちらは申請順になります。
2.そして補助金申し込み受理通知書が届きます。
3.そして工事の着工となり、工事完了になります。
4.その後補助金交付申請書類を提出して交付決定通知書が受領されれば助成金を受け取ることができることになっています。

かなりエコキュートの申し込みから助成金を受け取るまでの道のりは長いのですがこれで助成金を受け取ることができるようになります。

補助金の募集期間

エコキュートの助成金には募集期間が第1期から第4期まで分けられていて、それぞれ募集期間が決められています。

そして設置工事期間も決められていますし、設置工事完了期限も決められています。
エコキュートの工事を実施しているところのホームページなどを確認することでその期間などの詳しいことを知ることができます。

補助金を受け取る注意点
エコキュートの助成金を申請して受理されたと思ってそのまま工事をして放っておく人がいるといわれていますがそれでは補助金を受け取ることはできません。
エコキュートの工事が終了した後に終了したという証明の完了報告をして初めてエコキュートの助成金をもらうことができるようになります。

完了報告には提出期限も決まっているので忘れていると大変なことになり、申請が受理されていたとしても無効になる可能性もあるので注意しましょう。
提出期限までに決められた書類などをすべて提出するように気をつけましょう。

エコキュートの設置工事の後に提出しなければいけない書類は助成金交付申請書、そして補助金対象給湯器領収金額証明書、エコキュートの保証書の写しが必要です。完了報告書類を提出する期限が決められていますが、これは書類をすべて揃えてから1ヵ月になっています。
設置工事が終わってからではなくて書類がそろってからと決められているので期限をよく確認しておきましょう。

設置場所を気をつけましょう
エコキュートの口コミ情報ですが、設置場所を気をつけましょう。少なからず音は出します。寝室の直ぐそばに設置すると神経質な方は音を気にします。私は神経質じゃないので全く気になりませんがね。

スポンサードリンク


エコジョーズとは

エコジョーズとは家庭で使うお湯のエコ商品といえばエコキュートが有名ですが、エコジョーズはエコジョーズとはガス効率型給湯器のことです。

エコジョーズの補助金

エコジョーズとエコキュートの違いはやはり大きさです。エコジョーズはガス給湯器なので普通のガス給湯器程度の大きさです。 また瞬間式なのでエコジョーズのようにお湯を溜め込むのではなく必要なときに必要なだけというお湯切れの心配もありません。
エコキュートの場合、シャワーの回数が多くなったりするとお湯切れとかが発生し不便なときもあるのでエコジョーズはその点安心ですね。
費用面の違いはエコキュートはランニングコストが安い反面、初期導入費が高いという特徴があり、エコジョーズは初期導入費が安い分、ランニングコストは高いという特徴があります。お湯の使用量によってことなりますが大体8年〜10年程度で同等のコストになります。
環境面から二酸化炭素の排出量は同等ですので同じくらい地球に優しいと思っていいでしょう。
ランニングコストが高いといっても東京ガスでは年間のガス代金が15000円というものもでているので環境にも家計にもやさしいのがエコジョーズです。

エコジョーズの価格

エコジョーズの価格はリンナイやノーリツ、ガス供給会社から販売されていて定価は40万程度ですが販売価格は大体10万円台から40万くらいで販売されています。

当然、能力の高いエコジョーズの価格は高く設定されています。
選ぶコツは安いから!というのではなくガスの消費量やライフスタイルに合わせて選定することが重要です。
今は3人暮らしだからといって数年後に家族が増えたら能力不足になったなんてことにならないように価格だけでなく能力やランニングコストを重視したほうが後々、交換なんてことを避けられます。

エコジョーズ補助金の条件

エコジョーズを取り付ける際には補助金が国からもらえるという制度があります。補助金対象の給湯器というのは条件がありますのでエコジョーズを取り付ける際には条件をクリアしているか確認してみるといいでしょう。

まず潜熱回収をするために熱交換器が備わっている給湯器であるかどうかということが一つ目の条件です。
そして給湯熱効率については90%以上になっているかどうか、利用する際には都市ガスを使った給湯器であるか、そして定格給湯能力が60号以下かどうかということも条件になっているので確認しておきましょう。都市ガス復興センタ−がしてしているものが多いです。


エコジョーズ助成金の対象費用

エコジョーズが補助金交付の対象になった場合には、どんな費用が対象になるのか具体的に紹介したいと思います。

まずは機器費が対象になりますが、これは購入費用が対象になります。そして特殊工事費として、潜熱回収型給湯機を設置する際に行われるドレン配管工事の費用が対象になります。
これはエコジョーズは今までの給湯器に比べると構造がかなり複雑な構造でつくられているために機器そのものがかなり高い金額で購入しなければいけないことになっています。
ですから購入金額を対象にすることで補助金によってサポートしています。

そしてエコジョーズの補助金では特殊工事費も対象になっていますが、これは潜熱回収型給湯機を設置する場合には、普通の給湯器の工事に比べると、普通の設置工事にプラスして、ドレン配管工事を行わなくてはいけません。ですからその工事に対して一定の補助金が給付される仕組みになっているのです。
補助金額などは、それぞれの年度によって違っている可能性もありますから、それぞれで確認することになります。

エコジョーズの補助金を受ける場合には申請をしなければいけませんし、先着順ということになっていて、いつでも誰でも受けられるというものではありませんから、早めに段取りをしたうえで早めに申請をしておかなければ場合によっては締め切った後だった場合にはエコジョーズの補助金を受けることができませんので注意しましょう。

エコジョーズの補助金交付までの流れとしては補助金申し込みをして受理と審査が行われれば申し込み受理通知書が送られてきます。

その後設置工事が行われて完了報告書を提出して受理された後、検査が行われて交付決定通知書くるなどかなり手続き完了までに時間も手間もやりとりも大変ですので書類の送り忘れなどがないように注意しなければいけません。

スポンサードリンク