廃タイヤの処分費用

廃タイヤの処分費用

廃タイヤを処分するには費用がかかるの?廃タイヤの処分するための引き取り料金など調べてみました。廃タイヤを少しでも高く、または処分費用を抑えて引き取ってもらう方法などご紹介します。

スポンサードリンク

廃タイヤ処分費用

基本的に廃タイヤを処分するためには費用がかかります。まだ使えるタイヤであれば売ることは可能ですが、完全に溝が磨り減っているタイヤや何年も廃棄せずにとってあったようなタイヤはゴムが劣化しているので基本的に処分料金を支払って引き取ってもらうしかありません。

一般の消費者から廃タイヤは「適正処理困難物」とされ自治体での処理が難しいものに指定されていますので、引き取り業者に引き取ってもらい、収集運搬業者が運搬し中間処理業者を通して最終的に原型加工利用や熱利用、海外輸出されます。

料金を支払う場所というのは、どこで処分するかによって違っています。廃タイヤを専門に処理している産業廃棄物処理業者などもありますから調べてみるとすぐに見つかると思います。

処理にかかる料金は、いろいろと設定されていますが、自分で持っていく場合には運搬費用はかかりませんが自宅に取りに来てもらって処理場へ持っていってもらう場合には収集運搬料金が取られます。

他にも、中間処理費用や、最終処分をしている工場へ運搬をしなければいけない場合にはその運搬費用もかかってきます。

自分で持ち込むと安くなる処分料

自分で廃タイヤを持ち込んだ場合の料金に関しては通常タイヤで150円、ホイル付きで350円、スパイクついは250円、ホイルとスパイク付きで450円でした。

これは軽自動車と普通乗用車の廃タイヤについての料金ですから、タイヤの種類などによっては料金が若干違ってくると思いますから、その都度調べ直すことをお勧めします。
スポンサードリンク


もっともいい条件の廃タイヤ引取り条件を探す

廃タイヤの料金は廃タイヤ処理場のインターネットのサイトでも確認することが出来ます。

今はインターネットで色々と調べることができますから料金を調べて数か所を比較して一番安い所を選んで処理するというのもいいかもしれません。

同じお金をかけるのですから少しでも安い価格で処分できるといいですね。

処理料金は1本の値段になっていますから希望の本数に計算し直して総額でいくらかかるのか出してから比較してみるといいのではないでしょうか。わからないことがあればその都度直接確認してもいいでしょう。

スポンサードリンク