廃タイヤの無料回収

廃タイヤの無料回収

廃タイヤの無料回収の条件についてまとめてみました。廃タイヤや中古タイヤを引き取り業者に無料で回収して貰える条件と買取してもらえる最新情報をご紹介。

スポンサードリンク

廃タイヤ処分費用

回収された廃タイヤはバッグや燃料に変わりリサイクルに貢献されます。 廃タイヤって結構、家に残ったりしてますよね。家の倉庫の一角に陣取っている廃タイヤは本当に邪魔ですが、業者に引き取ってもらうと処分料金がかかったりするのでついつい先延ばしがちになってしまいます。

そのとおり廃タイヤの処分は基本的に料金がかかってしまいます。

しかし廃タイヤは場合によってはリサイクルでき、燃料になったり、素材を加工してバックになったり、床材になったりします。業者が廃タイヤの処分料金として1円でも受け取ると業者はマニフェストを発行しなければなりません。

これは結構手間になったり、経費がかかりますので処分業者としてもリサイクルできる素材として無料で引き取りたいのが本音のようです。

一番、手っ取り早いのは新しいタイヤを買うときに引き取ってもらうのが一番簡単ですね。

廃タイヤの無料回収の条件

廃タイヤと言っても2通りあります。一つは完全に擦り減ってタイヤとしてもう限界になっているものとまだ使える状態のもの。もう限界にきているタイヤは廃タイヤと処分するしかありません。
再利用できるタイヤは中古タイヤとして無料又は有価物として引き取って貰える場合があります。

残念ながら再利用できないタイヤは基本的に処分料金がかかります。しかしアルミホイール付きでの引取りの場合、買取してもらえうところはあります。

だめもとで片っ端から業者に聞いてみればいい条件を出してくれるところは結構あると思います。

中古タイヤとして買取してもらう場合、擦り減った状態だけでなくタイヤの製造年月日も影響してきます。タイヤはゴムでできていますので経年変化は起こります。大体4,5年たったタイヤは買取してもらえないことが多いです。

例えば寒いところからから都会へ転勤が決まってしばらく使わないスタッドレスタイヤがあるなら、寝かせると価値がマイナスになりますので直ぐに買取処分して貰いましょう。

タイヤを引き取りより持ち込みした方が買い取りしてもらう場合、高価になります。引き取りだと手間賃として半額くらいになる場合があります。

スポンサードリンク


廃タイヤはどうやってリサイクルされる?

廃タイヤを回収業者に引き取りしてもらったら、そのタイヤがどのようにリサイクルされるのか? 回収業者は集まったタイヤをいろいろと再利用します。

最近、環境問題が注目されているので3R(リユース、リデュース、リサイクル)できるように創意工夫しています。

例えばタイヤを粉々にして床材にしたり、きれいに加工してバックにしたり、燃料に再加工したりと様々です。

廃タイヤの数は年々増加しているのに対してリサイクル量は増えていないのが現状です。結局リサイクル製品ですとかなりの工程を踏んで違うものに生まれ変わるわけですので加工料金がかかり、例えばバックにしても加工に時間がかかるわけです。

その分単価に上乗せされるので販売単価が高くなってしまいます。その辺でなかなかリサイクル量が増えない原因となっているわけです。

少々高くてもリサイクルされたものを購入するような一人一人のエコに対する意識の向上がないとリサイクル事業はなかなか繁栄されないでしょう。

スポンサードリンク